ムダ毛・脱毛 レーザー脱毛 脱毛

ヒゲ脱毛で肌荒れを解消しよう!秋葉原の皮膚科医が語るヒゲ脱毛のすゝめ

こんにちは。秋葉原スキンクリニックの堀内祐紀です。

男性のヒゲは魅力の一つでもありますね。最近では、おしゃれにヒゲを伸ばしている方も増えてきました。ただ、ヒゲの濃い方は朝のヒゲを剃っても午後にはまたヒゲが伸びてしまい、2回、3回とヒゲを剃っている方も。一日何度もヒゲを剃ることで、肌荒れやニキビが悪化。でもヒゲを剃らないわけにはいかない・・・。というジレンマ。

今回は、面倒くさいヒゲ剃りやそれによる肌荒れ・ニキビから開放されるヒゲ脱毛のお話をさせていただきます。

ヒゲ脱毛を考える前に。男性は一生でどれくらいの時間をヒゲ剃りに費やす?

20歳から80歳までの60年間、毎朝10分ヒゲ剃りをしたとします。

365日x60年x10分=219,000分

これは3,650時間にあたります。日数に直すとなんと152日!!しかもヒゲの濃い人で1日に2回剃るような方はこの2倍の時間を費やしていることになります。

こう考えると、毎朝の10分であっても、塵も積もれば何とやら。ですね。また、152日間、ヒゲ剃りによって皮膚に刺激が加えられている。とも考えられますから、男性の皮膚は過酷な環境にさらされているわけです。

ヒゲ剃りが皮膚にもたらす影響とは

ヒゲ剃りは皮膚に炎症を起こす

ヒゲ剃り負けをしてしまう。ヒゲ剃り後に痒くなる。粉をふく。などの皮膚トラブルに遭遇したことのある男性も多いのではないでしょうか。

カミソリを皮膚に当てるということは、皮膚の角質を取り除くピーリングのようなことを毎日行っていることと同じです。それにより、皮膚のバリアとなる角質が薄い状態になり、乾燥しやすくなったり、刺激に弱くなったりします。悪化すると痒みや赤みが続くようなことにもなります。

ヒゲ剃りでニキビが悪化する

ポツッと飛び出したニキビをヒゲ剃りで削ってしまって出血したり、ヒゲが皮膚の中で溜まって出てこなくなって炎症を起こしたり。などのトラブルが起こることもあります。

ヒゲの生えるところばかりニキビが出来ている方は、ヒゲ剃りが原因であるかもしれません・・・。

ヒゲ剃りは慢性的な刺激で黒ずむ

毎日ある一定の時間皮膚を摩擦する行為により皮膚が黒ずむ可能性があります。男性であっても黒ずみは好ましくないですよね。

最近は摩擦を極力減らすため、カミソリも電動ヒゲ剃りもなるべくソフトタッチで毛を剃れる工夫がしてあるものも多く見られます。これは肌を労るためなのです。

ヒゲ脱毛は皮膚科でできます

ヒゲ剃りの回数を減らすことは、前述したヒゲ剃りによるトラブルを回避できますし、余った時間を有意義に過ごすことにもつながります。でも、いったいヒゲ剃りの回数を減らすことなどできるのでしょうか?

そこでおすすめなのがヒゲのレーザー脱毛。女性が脇などの毛をレーザーで脱毛するのは、もはや当たり前の時代となりました。そして同じ機械で男性のヒゲも脱毛できるのです。

ただ、毛の濃い男性は、熱を加えて毛や毛包を破壊するようなレーザーでは治療中の痛みがかなり強く、治療後も赤みがしばらく残るため、なかなか気軽に治療が出来ない。という難点がありました。

最近では様々な医療脱毛レーザーが開発され、中でも蓄熱式のレーザー脱毛機器(詳しくは後述)での治療は以前より痛みが格段に少なく、治療後のほてりや赤みもかなり軽減できるようになりました。お昼休みにちょっとヒゲ脱毛。そんな時代になってきたのです。

ヒゲ脱毛は白髪になってからでは遅い!思い立ったら早めにヒゲ脱毛を!

レーザー脱毛は基本的に黒い色の毛によく反応します。毛のメラニン色素が減ってくると反応が弱くなる場合があり、特に白髪になるとかなり反応しにくくなるか治療が無効になることもあります。ですので、ヒゲが白髪になる前に治療を開始することをおすすめしています。まだいいかな・・・。と先延ばしにする前に、ヒゲ剃りによる肌トラブルがある方は、一度ご相談をされてみてはいかがでしょうか。

ヒゲ脱毛をすると、ヒゲを伸ばしたくなった時に伸ばせなくなるの?

ヒゲは悪ではありません。ファッションとしてヒゲを楽しむこともとても素敵なことです。ですので、ヒゲ脱毛といっても、すべてのヒゲを脱毛する必要はなく、頬の中心あたりの伸ばす予定のない部分や、首、喉仏の周りの剃りにくい部位のみを脱毛する方も増えています。

完全に脱毛をしてしまうと、後から伸ばしたくなってもヒゲが生えなくなってしまうので、「今は伸ばせなくても年をとったら伸ばしたいなぁ。」と思っている方は、すべてつるつるにせず、伸ばしたいところは残して。とオーダーメイドのヒゲ脱毛をしてみてはいかがでしょうか。

皮膚科医がおすすめするヒゲ脱毛マシーン

最近では様々な脱毛機器が医療機関で取り扱われています。私がおすすめの機器は「蓄熱式脱毛レーザー」。これは、強い熱で毛を焼くというよりは、マイルドな熱をじわじわ毛とその周りに効かせて毛が生えてくることを抑制します。秋葉原スキンクリニックではヒゲ脱毛の方に蓄熱式脱毛器の「メディオスターNext」を使用しています。

この機器の良い点は

  • 治療後の赤みが従来の機器より明らかに少ないのでスケジュールを気にせず治療ができる。
  • マイルドな熱で治療するため、治療中や治療後の痛みが少ない。
  • 痛みが少ないのでテンポよく照射でき治療時間が短くすむ。

などなどがあります。

ヒゲ脱毛について、まとめ

皮膚を守るためにも皮膚科でのヒゲ脱毛はおすすめです。「時は金なり」。早めにヒゲ脱毛を始めることで新たな時間の余裕が生まれます。白髪になってからでは遅いので、ヒゲが黒いうちに始めましょう!

秋葉原スキンクリニック ヒゲ脱毛の詳細、料金はこちら>>


%e8%84%b1%e6%af%9b%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

著者について

秋葉原スキンクリニック院長 堀内 祐紀

秋葉原スキンクリニック院長 堀内 祐紀

東京女子医科大学出身。東京女子医科大学病院、都内美容皮膚科クリニック勤務を経て、2007年4月に秋葉原スキンクリニックを開院。
(所属学会)
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
日本脱毛医学会理事
日本皮膚科学会・日本美容皮膚科学会・日本レーザー医学会・日本肥満学会・日本抗加齢医学会・日本香粧品学会 所属
Allergan Medical Institute Jpan Trainer
Aケア協会アドバイザー