ひふオタ通信

まったく新しい人工毛植毛

4/29に遠くイスラエルとフランスから人工毛植毛をされているDr.たちが秋葉原スキンクリニックにご来院されました。

この人工毛、かなり画期的な製品です。

今までの人工毛よりもかなり進化していて、毛根と同じくらいの小さいアンカー(皮膚の中で毛が抜けないようにするもの)を持つ毛を使用し、異物反応を極力起こさないような設計になっています。
こらを皮下に埋め込みますが、一本一本植毛するのではなく、25本一度に植えることが出来るので、女性の頭頂部の軽度な薄毛程度なら10分程度で終わってしまいます。


手順としては、まずテストの植毛を数本行い、約2ヶ月経過をみて、問題がない方にフルインプランテーション(全体に植毛すること)を行います。


ここは秋葉原?
ヨーロッパにいる気分になりました


モニターの方の撮影も念入りです

植毛前

植毛直後
688本植毛しています。


各Dr.Ghislaine Beilinから植毛のデザインを詳しく教わり、最後に認定証を授与していただきました。

これから、順次、当院の治療に加えていく予定です。
ご興味のある方はご連絡ください。

著者について

秋葉原スキンクリニック院長 堀内 祐紀

秋葉原スキンクリニック院長 堀内 祐紀

東京女子医科大学出身。東京女子医科大学病院、都内美容皮膚科クリニック勤務を経て、2007年4月に秋葉原スキンクリニックを開院。
(所属学会)日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本レーザー医学会、日本抗加齢医学会、日本肥満学会所属