お悩みから探す シミ・ソバカス フォトフェイシャルファースト 光老化

シミ取りは皮膚科で!種類別のシミの消し方

 ある日突然「あれ?こんなものあったっけ??」と気づく茶色いもの。通称 シミ と呼ばれるその症状には、実はいろいろな種類があることをご存知ですか? 私たちの皮膚というのは不思議なもので、生活環境、ホルモンの影響、体調などにより、急にシミが濃くなったり、増えたりするのです。

シミの種類

  • 日光黒子(にっこうこくし) 別名:老人性色素斑
  • 雀卵斑(じゃくらんはん) 別名:そばかす
  • 肝斑(かんぱん)
  • 後天性真皮メラノサイトーシス 別名:後天性両側性太田母斑様色素斑(ADM)
  • 炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)
  • 脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう) 別名:老人性いぼ
  • 摩擦黒皮症(まさつこくひしょう) 別名:ナイロンタオル皮膚炎

 なんだか沢山あってわからない!!と思いますよね?

 なぜこんなに沢山の種類をお伝えするのか。それは同じように見えても、実は原因が違ったり、適切な治療方法や予防方法が異なることがあるからなのです。最良の結果を効果的に出すには、適切な診断は必須です。

 今回は、シミの代表選手。年齢を重ねると、誰にでもできる可能性がある、日光黒子(老人性色素斑)についてお話しさせていただきます。

日光黒子(老人性色素斑)の消し方

 30歳を過ぎると、皮膚に茶色いものが増えてきます。早い人では20代から出てくる人もいます。これは非常によく見るシミの一つで、本名を日光黒子と言います。別名は老人性色素斑・・・。何と切ない名前でしょうか(泣)
 
 このシミは加齢に伴って増えてきます。紫外線が原因であるため、顔や手の甲、背中の上の方、すねなど日光に長時間さらされやすい部分に多くみられます。数ミリ〜数センチに及ぶかなり大きいものもあります。

shimi-before

 見た目年齢を上げてしまうこの日光黒子の治療は、病院での美容治療や外用薬での治療がオススメです。

日光黒子の美容治療

 メラニンを持つ細胞をやっつける、Qスイッチレーザー、フォトフェイシャルファーストが有効です。

Qスイッチレーザー


 とにかくシミだけをなんとかしたい!!と、ピンポイントでの治療をご希望の方にはQスイッチレーザーがオススメ。私はクリニックでQスイッチルビーレーザーという治療機を使用しています。

Qスイッチルビーレーザーの治療の流れ

❶治療する部分のメイクや日焼け止めを取り除きます。

❷レーザーを照射する直前に、治療部分を冷やします。(広範囲の場合や、痛みにとても弱い方はクリーム麻酔を塗って治療する場合もあります)

❸レーザーを照射します。レーザーは1発で全体を照射できない場合が多いので、1箇所につき数発照射します。1発照射するたびに、輪ゴムで弾くような刺激を感じます。

❹治療後はシミの表面が白っぽくなります。


❺半日〜1日程度で、照射部位が黒い膜のようなかさぶたになります。

shimi-process
❻ご自宅でのケア
このかさぶたが自然に取れるまで、いかに保護するか!これがポイントです。治療の後から炎症をおさえる軟膏とテープ処置を連日行います。だいたい1週間程度の保護ができるとバッチリです。1週間ファンデーションなどは直接治療部位に塗れません。

❼かさぶたが剥がれてきます
しっかりとかさぶたの下で新しい皮膚が出来上がると、自然ときれいにかさぶたが剥がれます。

❽治療後の色素沈着予防ケア
かさぶたがきれいに剥がれたのに、その後に少し色が戻ってきた・・・。ということもよくあります。これは炎症後色素沈着と言って、レーザーで熱刺激を与えられた皮膚が、それに反応して黒ずみを作ることがあります。この色素沈着はアジア人(黄色人種)に多く見られる反応ですが、悲観することはありません。美白外用剤を使用することで、早く色を取ることができます。私は、レチノイン酸やレチノールなどでのビタミンAケアとハイドロキノンの併用療法治療やトラネキサム酸との併用治療をオススメしています。

治療後のお肌

治療後のお肌

※色の濃いシミ、厚みのある厚ぼったいシミは1回で完全に取れないこともありますので、経過によっては2回目、3回目を行うこともあります。
※シミの再発について
治療によって完全にきれいになったように見えるシミも、長い時間をかけて同じ場所に再発してくることもあります。永久的に治療できるわけではありませんので、再発したら、その都度治療が必要になります。

フォトフェイシャルファースト

 シミのあるところだけでなく、皮膚全体の質感やくすみなども改善しながら無理なく少しずつシミを薄くすることを希望される方はフォトフェイシャルファーストがオススメです。名前の由来はカメラのフラッシュのような光を利用しているから。ここで利用される光は、レーザーのような1つ〜2つの波長ではなく、多種の波長の光を同時に発生させます。様々な波長の光はそれぞれが特徴的な効果をもたらし、多彩なトラブルに対応するため、シミのみならず全体のくすみ、赤み、小じわ、毛穴などのケアも同時に行うことができる画期的な治療です。ただしこの治療はレーザーよりもマイルドであるがゆえに、数回の治療を要します。また、最終的に完全に取りきれない頑固な日光黒子もあります。その場合は前述のQスイッチレーザーのを併用することもあります。

 フォトフェイシャルファーストの最大の利点は、テープ保護が基本的にはいらないことと、メイクが直後に可能であることです。どうしてもお仕事柄テープ保護はNG!という方はフォトフェイシャルファーストがファーストチョイスです。

フォトフェイシャルファーストの治療の流れ

❶洗顔
 顔全体の照射をするので、メイクを完全に落としていただきます。

❷冷たく冷やしたジェルを顔全体に塗布します。

❸光を照射していきます。

 光が発射されるたび、温かさや、パチンとはじかれるような痛みを感じることもあります。フォトフェイシャルファーストの9種類の特殊なフィルターを駆使して、医師がお顔のトラブルに合わせて治療していきます。

❹ジェルを拭き取りクーリング

❺メイクをしてご帰宅
 治療後は軽くかさぶたができることもありますので、こすらないようにメイクを行います。洗顔や入浴は摩擦しないように注意していただければ、通常通りで構いません。

フォトフェイシャルファーストとQスイッチレーザーはどっちが先?

治療相談の際、フォトフェイシャルファーストとQスイッチレーザーの併用療法を検討しているのですが、どちらが先が良いですか?と聞かれることがよくあります。

❶テープ保護はとりあえずのところ避けたい→このような方はまずはフォトフェイシャルファーストから入ります。治療に慣れてきた頃にタイミングを見計らって、頑固そうなシミのみQスイッチレーザーを行います。

❷かなり昔からあるシミが一番気になる。なんとなくシミが盛り上がりつつある。テープ保護は問題ない。→このような方は、フォトフェイシャルファーストではシミが取れない可能性が高いので、先にQスイッチレーザーをオススメすることが多いです。

❸くすみやシワ、毛穴もきになるけど、とにかく、ここのシミがピンポイントで気になる。→このような方は、フォトフェイシャルファーストでゆっくりと治療をしていると満足度が上がらないので、まずは気になるシミのみQスイッチレーザーをオススメしています。気になるシミが取れた後は、全体のケアとしてフォトフェイシャルファーストを行うと、質感が上がり、肌の透明感も改善し、Qスイッチレーザー治療のみより満足度が格段に上がります。

日光黒子のホームケアでの消し方

 できてしまったシミは、ホームケアで完全に取れないことも多いのですが、レーザーなどはまだしたくないな・・・。と思う方は、レチノイン酸やレチノールによるビタミンAケアとハイドロキノンの併用ケアがオススメです。ただ、この2系統の成分は、ちょっと癖があります。専門のクリニックで使用方法や効果の出方、副作用などをきちんと説明してもらってから使用することをオススメします。

 シミを隠すために朝の貴重な時間を使っていたり、鏡を見るたび気分が落ち込んだり、温泉旅行に行った時にスッピンを見せるのが怖かったり。そんな方は、これらの治療を試してみてはいかがでしょうか( ´ ▽ ` )ノ

Qスイッチルビーレーザーの料金

3mmまで 1個 ¥5,000
1mm増加ごとに +¥2,000
例)5mmの場合 合計¥9,000
・別途アフターケア用品が必要です(¥4,000〜¥6,000)
・初・再診料と保険適用以外の治療費・薬剤などには別途消費税が必要となります。(初診料¥3,000・税別、再診料¥1,000・税別)

著者について

秋葉原スキンクリニック院長 堀内 祐紀

秋葉原スキンクリニック院長 堀内 祐紀

東京女子医科大学出身。東京女子医科大学病院、都内美容皮膚科クリニック勤務を経て、2007年4月に秋葉原スキンクリニックを開院。
(所属学会)
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
日本脱毛医学会理事
日本皮膚科学会・日本美容皮膚科学会・日本レーザー医学会・日本肥満学会・日本抗加齢医学会・日本香粧品学会 所属
Allergan Medical Institute Jpan Trainer
Aケア協会アドバイザー