乾燥 化粧品・内服薬

冷えと乾燥対策に!「ウルツヤプリュスモイスチャー」取り扱い開始!

Haruka
著者 Haruka

11月に入り、街のイルミネーションが灯る頃・・・。
この季節になると、あの憎っくき美容の大敵がやってきます。

そう、「冷え」と「乾燥」です。

身体が冷えると免疫力が下がって風邪をひきやすくなってしまったり肩が凝ってしまったり・・という健康面での影響があるばかりか、美容面でもダメージを受けるのです。

冷えによる血行不良は顔色を悪くし、目の下にはクマを作り肌ツヤを奪い、傷をなかなか治りにくくします。

クリニックに訪れる患者様の中で、このような悩みを訴える方はよくよく聞いてみるとお風呂に浸かる習慣がなく、シャワーで済ませてしまっていたりするものです。

冷えに加えてさらに追い討ちをかけるのが「乾燥」。

吹きつける空っ風にエアコン暖房による乾燥は、私たちのお肌から遠慮なく水分を奪っていきます。

この季節になるとスネなど心臓から遠い部分にある身体の一部がカサカサになるというのは、冷えからくる血行不良によりお肌に栄養が行き渡らず、さらに空気の乾燥によりお肌の水分が奪われるからなのです。

もくじ

乾燥は7.8歳の老けに繋がる!?
ウルツヤプリュスモイスチャーとは
うるつや乳酸菌とは
酵素処理ヘスペリジンとは
実際にウルツヤプリュスモイスチャーを飲んでみた
まとめ

乾燥は7.8歳の老けに繋がる!?

乾燥が美容の敵だということがはっきりとわかるデータがあります。

恋人がいる未婚男性300名に対しておこなった調査では「女性の肌が潤っている状態に比べて、乾燥している場合では老けて見えると思いますか?」という質問に対して、約75%の男性が「1歳以上老けて見える」と回答したという結果が出ています。

老けて見える年齢は最多意見が「5歳以上老けて見える」で、平均値を算出するとなんと7.8歳という結果に!(常磐薬品工業株式会社調べ・2011年12月)

お肌が乾燥していると、それだけで男性から7〜8歳も老けて見られてしまうのです(涙)(涙)

こんな悲しい目に遭って欲しくないという思いからカイゲンファーマさんによって開発されたのが「ウルツヤプリュスモイスチャー」です。

ウルツヤプリュスモイスチャーとは

ウルツヤプリュスモイスチャーとは、1包につきうるつや乳酸菌®️が60mg、酵素処理ヘスペリジンが250mg配合された栄養補助食品です。

寒い季節、お肌を乾燥から守るために化粧水やクリームなどを補うだけでは足りないと考え、自身の保湿力を高めるサプリメントはないかと研究されて作られました。

作ったのは「カイゲンファーマ」さん。昔からある「改源」という風邪薬でも有名で、最近では飲む日焼け止めとして普及しているソルプロプリュスホワイトを作っている国内のメーカーです。

うるつや乳酸菌とは

少し難しい話になりますが、うるつや乳酸菌とは乳酸菌「ラクトコッカス・ラクティスH61」株の加熱殺菌体で、これは古くから加工食品に使用され、乳製品を作るときの「牛乳を発酵させる菌(種菌)」として使われています。

このH61株は2000種類の乳酸菌の中から活性酸素を水などの「うるつや力」に変換する能力(SOD活性)がもっとも高いことが発見され、うるつや乳酸菌®️と名付けられました。

ではこのうるつや乳酸菌®️の臨床結果はどうなのでしょうか。

水分蒸散量の試験の結果を表した図がこちらです。


「プラセボ」というのは、擬似薬、つまり何も効果のない薬です。
値が低いほど、皮膚の蒸散してしまう量より水分補給力が高いと言えます。

このグラフではわかりづらいのですが、プラセボを飲んだグループに対してうるつや乳酸菌を摂取したグループの差は約大さじ5杯分!
コップにすると約1/3の量です。

これだけの水分蒸散量の差が出るのです。怖い怖い・・・。

さらに体感アンケートの結果がこちら。

プラセボを飲んだグループに対してうるつや乳酸菌を摂取したグループの方が肌状態がよくなったという体感を得ています。

もうこの結果を見た時点で、うるつや乳酸菌を摂りたくなりますね・・。

酵素処理ヘスペリジンとは

ヘスペリジンは別名ビタミンPとも呼ばれ、手足の指先や顔まわりに拡がる毛細血管を拡げ、血流を改善します。

酵素処理ヘスペリジンは酵素の力によってそのヘスペリジンの水溶性を1万倍高め、体内の吸収率を3倍上げたものです。

酵素処理ヘスペリジンの冷却負荷試験の結果がこちら。

このように、酵素処理ヘスペリジンを摂取した場合は血流改善が確認されています。

血流が改善することによって、お顔の血色が良くなったり、透明感が出たり、ハリやツヤといった質感の向上がのぞめます。

実際にウルツヤプリュスモイスチャーを飲んでみた

実際に2週間、ウルツヤプリュスモイスチャーを飲んでみました。

もともと私は手足が冷えるといったことはないのですが、寒がりです。

デスクワークが中心で動き回ることがあまりないのも寒くなる一因。
この季節は服の上から1枚羽織れるショールが手放せません。
毎朝出勤後に1包を飲むようにしてみました。

飲み方は「水またはぬるま湯でお召し上がりください」ということではありますが、私は面倒なのでそのまま口にザザーっと入れて飲み込んでしまいます。

味はみかん味ですが、なんだか昔駄菓子屋にあったオレンジ味のジュースの粉のような、懐かしい風味。
臭みなども全くなく、美味しく飲めます。

紅茶やヨーグルトに混ぜてもいいそうです。美味しそうですね。

飲んですぐぽわ〜っと暖かくなるということは私は感じられないのですが(堀内院長は感じたそうです。ブログにて紹介しています)、そういえばここ最近あまり寒さを感じないし、ショールもなくてもいい感じかも、という体感があります。

さらに、体の乾燥があまり気にならなく、手足のカサカサが減った気がします。

これは数ヶ月続けてみて経過を追ってみたいところです。

顔もなんだか血色がよく、この季節になると夕方は頬や額がカサカサになって、突っ張る感じがしてくるのですが、今のところ今年はまだそれがありません。

これもウルツヤプリュスモイスチャーのおかげなのでしょうか。

まとめ

・冷えと乾燥は美容の大敵。乾燥しているだけで老けて見えてしまう!
・ウルツヤプリュスモイスチャーは「冷え」と「乾燥」にアプローチする栄養補助食品。
・飲みやすく毎日続けやすいみかん味。

ウルツヤプリュスモイスチャーはこちらの秋葉原スキンクリニック公式通販ショップにて販売しています。

30包で4500円(税別)です。

著者について

Haruka

Haruka

秋葉原スキンクリニック広報担当/スキンケアマイスター
保育園児の男の子を育てながら仕事に励む、アラフォーワーキングママ。週末は息子と外で思いっきり遊ぶので紫外線対策は欠かせない。根っからの美容好きだが、面倒なのは苦手なので手っ取り早くキレイになれる美容治療にはアグレッシブに臨みたいと思っている。