ひふオタ通信

笑いジワが消えない・・と感じたら

Haruka
著者 Haruka

突然ですが「笑いジワ」って、どう思いますか?
私は職業柄なのか、「あ!この人、笑いジワある」とすぐに気づいてしまう方ではあるのですが、でもそれを否定的に捉えることはごくわずかです。

ある50代の女性が「自分が50年生きてきた証を消したくない」という理由でシワ治療は行いたくないと言っていたことがあるのですが、その考え方ってとても素敵だと思いました。

ですので、決して笑いジワ=悪いもの、ではないと思っています。

でも、もし本人が「このシワは老けて見えるから嫌だ」とか「笑いジワが消えなくて刻まれるようになった・・」と感じ、気にしているようならそれはやはり治療をすることも一つの選択肢であると思います。

笑いジワ=表情筋によるシワの治療にはボツリヌス菌毒素の注射(通称ボトックス注射)を使います。

手術いらず、5分で終わってしまうこの治療は何と言ってもその手軽さが特徴です。

当院では1回の治療での効果が足りなかったり過剰だったりした場合の修正のために、約2週間後にタッチアップを行うサービスも設けているので安心して治療を受けていただけます。

ボトックス注射について、詳細はこちらから>>

金額:目尻初回 ¥28,000
副作用:注射部位に点状の赤み、腫れ、重い感じ、頭痛が生じることがあります。

著者について

Haruka

Haruka

秋葉原スキンクリニック広報担当/スキンケアマイスター
保育園児の男の子を育てながら仕事に励む、アラフォーワーキングママ。週末は息子と外で思いっきり遊ぶので紫外線対策は欠かせない。根っからの美容好きだが、面倒なのは苦手なので手っ取り早くキレイになれる美容治療にはアグレッシブに臨みたいと思っている。