美容皮膚科

イボやホクロ、できものの除去に。
手術までしたくないという方へ。

イボやホクロ、皮膚のできものをピンポイントで除去する医療用レーザーです。出血が少なく、一度に数カ所まとめて治療することも可能です。手術ではないため、抜糸も不要です。

料金ホクロ直径 〜3mmまで ¥5,000

料金詳細はこちら

こんな方にオススメ
  • ほくろやイボを取りたい
  • 盛り上がったシミがある(老人性イボ)
この治療の特徴

炭酸ガスレーザーでの治療は色素性母斑(ほくろ)、脂漏性角化症(盛り上がったシミ)、疣贅(イボ)などの治療に適していますが、中でも比較的小さめのもの、浅いものに適応があります。病理検査が必要なものは適応になりません。
ほくろ・イボの除去の場合、手術または炭酸ガスレーザーによる治療となりますが、どちらの方法で除去するかは医師がほくろの大きさや位置、状態によって判断します。

炭酸ガスレーザーのメリット
・一度に多数の治療ができる
・縫い傷が残らない

炭酸ガスレーザーのデメリット
・再発のリスクが手術より高い
・軽度の陥没が残ることがある
・皮膚が出来上がるまで時間がかかる場合がある

※1ヶ月以内の再発に関しては、再照射を保証しております。(再診料はかかります)
再発の程度によっては手術を要する場合があります。

治療の流れ

  1. 局所麻酔の注射
  2. レーザーを照射
  3. 治療した箇所の表面がやや陥没した状態となります
  4. 皮膚を再生させる外用剤を塗布し、保護のテープを貼ります
  5. 当日の夜よりシャワーは可能ですがこすらないようにしてください
  6. 顔の場合は、洗顔時にテープを取り流水で洗浄し、こすらないように水分を拭き取り、外用剤を清潔な綿棒で塗布しテープで覆ってください。このアフターケアが傷の治りを左右します。
  7. 当日の飲酒・たくさん汗をかくような運動は避けてください
  8. 2週間後ほどで再診
  9. 傷が上皮化するまで治療部位のメークは避けてください。また日焼けには注意してください

副作用・ダウンタイム

  1. 出血:翌日くらいまではにじむような出血が見られることがあります。出血が見られた場合、ガーゼなどで圧迫をしてください。
  2. 二次感染:細菌感染により、赤みや腫れが生じると、傷が治るまでに時間がかかり、傷跡が目立ちやすくなることがありますので清潔にしてください。
  3. 色素沈着:傷跡に色が残ることがあります。美白剤(有料)などで対処します。
  4. ケロイド・肥厚性瘢痕:体質により傷跡が赤く盛り上がって残る場合があります。ステロイドの外用や注射を行い対処しますが、複数回の処置が必要です。(自己負担あり)
  5. 再発:再照射が必要となります。1ヶ月以内の再発に関しては、再照射を保証しております。再発の程度によっては手術を要する場合があります。(自己負担あり)
  6. 傷跡:軽度の陥凹や白色調の傷跡は残ります。赤みが数カ月続く場合もあります。

症状が強い場合はご連絡の上、医師の診察を受けてください。通常は数週間で軽快します。

禁忌事項
  • 妊娠中の方

料金表

炭酸ガス(CO2)レーザー 料金表
老人性いぼ・ホクロ・その他
~3mm以下 ¥5,000
4mm ¥7,500
5mm ¥12,500
6mm ¥15,000
※7mm以上のホクロ除去の治療については、担当医にご相談ください。
ウィルス性いぼ1個あたり
〜3mm以下 ¥12,500
4mm ¥15,000
5mm ¥17,500
6mm ¥20,000
7mm ¥25,000
+1mmごとに +¥5,000

初・再診料と保険適用以外の治療費・薬剤などには別途消費税が必要となります。
(初診料¥3,000・税別、再診料¥1,000・税別)


関連キーワード