美容皮膚科

ダウンタイムなし!
簡単な部分痩せが叶う注射

注射するだけで脂肪を効果的に溶かして体外に排出する新しいタイプの部分痩せのダイエット法です。皮下脂肪に細い針を使用して、数カ所に分けて薬剤を注入していきます。コレステロールを減らし、代謝機能を増強し、一つ一つの脂肪細胞を小さくする効果があります。

料金初回 1本 ¥16,000

料金詳細はこちら

こんな方にオススメ
  • 運動では部分痩せが叶わなかった
  • リバウンドはしたくない
  • 手術までは考えていないけど努力せずに脂肪を落としたい
この治療の特徴

脂肪溶解注射のメリット
・メスを使わず部分痩せ
・施術時間が短い
・リバウンドしにくい

脂肪溶解注射のデメリット
・即効性はない
・1回で治療できる範囲に限りがある

脂肪溶解注射とは

脂肪溶解注射のメカニズム

使用する注射液(フォスーファチジルコリン)は、コレステロールを減らし、代謝機能を増強し、肝臓および細胞の代謝機能を高めることが医学的にも証明されています。通常、2~4回目の注射の後に効果がでてきますが、脂肪吸引手術の痩身効果と比較すると4回の注射で脂肪吸引手術の約70%程度といわれています。

脂肪すべてを溶解してしまうのではなく、脂肪吸引手術が脂肪細胞の個数を減らしていくのに対して、脂肪溶解注射では1つ1つの脂肪細胞を小さくしていきます。さらに、効果がある場合にはセルライトも目立たなくなり、リバウンドの心配もなくなります。稀に、2~3回注射しても全く効果が現れない方もいますので、そのような方には別の痩身治療もご提案します。

Doctor's Recommend
腹部や太ももなどの脂肪の多いところはもちろんですが、背中や膝上などもたつく、部分的な脂肪にも注射可能です。不必要な脂肪を溶解・分解することによってリンパの流れや血行を改善することができます。(副院長 矢田 佳子 より)

治療の流れ

  1. 首や顔以外の身体の1部位に対しては、10㎝四方面積あたり10〜15ヵ所ほど注射します
  2. 頬や首には2㎝間隔で注射します
  3. 注射の注入範囲にもよりますが、1部位あたり約5分程度の治療です
  4. 1回の注射の後、約2週間の期間をあけて次の注射を行います

副作用・ダウンタイム

  1. 万が一、気分が悪くなったり、蕁麻疹が出た場合には、来院しその旨をお伝え下さい。アレルギー症状を抑える治療が必要な場合があります
  2. なるべくマッサージを行い、皮下のしこりの予防をして下さい
  3. 代謝が悪いと、溶けた脂肪が排泄しにくいので、なるべく代謝を上げるよう努めて下さい
禁忌事項
  • 妊娠中の方、大豆アレルギーの方、心疾患・肝疾患・腎疾患・循環器疾患の既住のある方、担当医師より治療を禁止されている方は治療が出来ません。

料金表

脂肪溶解注射(メソセラピー) 料金表
1本 初回20%OFF ¥16,000
¥20,000
5本セット(20%OFF) ¥80,000
10本セット(40%OFF) ¥120,000

初・再診料と保険適用以外の治療費・薬剤などには別途消費税が必要となります。
(初診料¥3,000・税別、再診料¥1,000・税別)


関連キーワード