超音波導入 顔のたるみ

ハイフシャワー体験記

HIFUシャワーの施術中

今話題のHIFUって知っていますか?

皮膚科だけにヒフ…ではなく、ハイフって読みます。

すでにHIFUをやった事がある方もいると思いますが、今回はハイフって何?というところから、痛みが少ないたるみ治療ハイフシャワー体験までのお話をします。

HIFU(ハイフ)って何?

まず、さっきからハイフハイフと言ってるけど、そもそもハイフって何?って事です。

ハイフとは、「高密度焦点式超音波」というもので、一点に集中させて照射する超音波のこと。

ピンポイントで照射するので、周辺細胞へのダメージも少なく安全です。

HIFUのイラスト

と、言われても…。

うーむ、難しいですね。

レーザー治療とか、注入治療とかいう大きなカテゴリーの1つとしてハイフ治療というのがあります。

さらに細かく分けて症状に合わせていくと、レーザーだったら脱毛があったりシミ取りやホクロ除去がありますし、注入だったらヒアルロン酸やボトックスがあります。

それと同じ様にハイフにもダブロSやハイフシャワーがあるのです。

目的に合わせて超音波の届く深さを変えます。

 

で、じゃあ、そのハイフ治療ってのは、いったい何のためのものなの?

それは、ズバリお肌の”根本的な引き締め”です。

ハイフ治療ってどう良いの?

なぜ、今こんなにハイフが話題なのかというと、今まで外科治療でガッツリやっていたものが、技術の進歩でそこまでしなくてもそれに近い効果が得られるからなのです。

 

●ハイフ治療の良いところは、

① 高密度焦点超音波は皮膚を通り抜け、皮膚の下の組織に照射されるため、火傷やキズのリスクがほとんどない。

②皮下組織や筋膜に直接アプローチし、肌の土台から引き締めができる。

③ダウンタイムがほぼ無いので日常生活に支障なく治療スケジュールがたてやすい。

④他のたるみ治療に比べ痛みが少ない。

⑤効果が出るのが早い。

 

こんな良いところ尽くめのハイフ治療ですが、今回私はそのハイフ治療の中からハイフシャワーをやってみました。

ハイフシャワーって何?

秋葉原スキンクリニックでは、ダブロSとハイフシャワーという2種類のハイフ治療を行なっています。

ざっくり言うとダブロSはしっかりリフトアップ。

それに対してハイフシャワーは気軽にメンテナンス。と言ったところです。

 

ハイフシャワーは、超音波機器ウルトラフォーマーⅢを使って皮膚の比較的浅い2mmの部分に超音波を照射して毛穴の引き締めやたるみを改善し、弾力とハリをアップさせる治療です。

ウルトラフォーマーⅢ機器写真

●ハイフシャワーはこんな人にオススメ!

・たるみ、小じわが気になる。
・毛穴が目立ってきた。
・肌のハリがない。
・肌質を良くしたい。
・今までのHIFU より痛みが少ない治療をしたい。
・年齢によるまぶたの重さが気になる。
・効果を早く感じたい。
・ダブロS 治療の合間のメンテナンスとして。
さぁ、ハイフシャワーの基礎知識がついたところで、実戦編へと移ります。

私がハイフシャワーをした理由

44歳にして美容治療初心者の私が、何故ハイフシャワーをやろうと思ったのか?というと、1番目は目の下のたるみ、2番目はほうれい線です。

かつて男前だった父親は、歳を追うごとに、ジャンレノ(ダンディではあるが)になり、それを経て志村けん(ちょっと面白い感じになってきた)になり、今ではすっかり津川雅彦…

 

傾向分かりますか?
(分からない方、ググってみてください)

 

共通点は目周りです。

目の下、たるったるです。

 

柔らか伸び伸び肌の父親、丸顔パンパンの母親の元に生まれた私は、幼き頃からシュッとした顔立ち。そうです、父親似。

遺伝というのは怖いもので、私も20代後半から目の下にクマが出始め、30代後半には可愛くない涙袋…いわゆる”たるみ”が発生し始めました。

 

なんとかしなきゃ、このまま行ったら志村からの津川さん!!(ジャンレノは経ない)

でも、いきなりめちゃくちゃ痛いのや、糸入れたりするのは怖いので、院長に相談して、たるみ治療入門編としてもOKなハイフシャワーをしてみることにしました。

実戦!ハイフシャワー

まずは、メイクを落しベッドへ。

看護師さんが、治療していく部分にジェルを塗りながら、機械を顔に当てていきます。

 

皮膚の内側に超音波を照射しているだけのことはあり、皮膚表面への痛みは全くなく、顔の筋肉にごく僅かな刺激を感じます。

私は比較的痛みに強い方なので、機械音とジェルのひんやり感に包まれ、うとうとしてしまいました。

眉毛より下に比べると、おでこ部分は少し刺激が強かった感じはしますが、へっちゃらなレベルです。

HIFUシャワーの施術中

施術後、顔が少し火照った感じと多少の赤みはありましたが、腫れもないしレーザー治療後の様な小さな火傷みたいのもありませんでした。

ハイフシャワーの効果は?

施術直後から、目の下のクマとほうれい線が減った感じがあり、翌日には頬の手触りが全く違っていました。ピン!と張った感じです。

HIFUシャワーのビフォーアフター写真

周りから見たら劇的な変化というよりは、

『疲れ顔じゃなくなった』
『なんか調子良さそう』

という感じかもしれませんが、毎日自分の顔と向き合っている私としては、施術から1日たっただけでもその変化に拍手喝采です。嬉しくて、思わず頬を触る回数も増えます。

重力のなすがままに緩みまくっていた顔が、ハイフシャワーの喝のおかげでシャンとしました。

 

ハイフシャワーは、気軽に効果を得られるだけでなく、継続するとその効果が増すと言われているので、症状やスケジュールにもよりますが、治療間隔は1.5ヶ月くらいがベスト!

1回でこんな効果が現れるのであれば、2回目3回目の治療に期待が持てます!

 

他のたるみ治療に比べると、とてもリーズナブルなので、私の様な初心者の方や予防的に使いたい方にもオススメです!

気になる方は、是非一度ハイフシャワーに射(う)たれて、時の波にあらがってみてください。

 

たるみのお悩みがある方は、まずは秋葉原スキンクリニックのスタッフにお気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせはHomepageでのご予約は

※美容皮膚科以外のご予約・お問い合わせは、こちらの「お問い合わせフォーム」から。

著者について

デザイナー Kaoru

デザイナー Kaoru